HIPHOPの歴史 HIPHOP初心者の方

HIPHOPの誕生を徹底解説します

スポンサーリンク
HIPHOPの歴史


みなさんHIPHOP好きですよね?

そうでなかったとしても、この記事を読んでくれているということは、HIPHOPに興味があるはずです!!

そんなみなさんに質問です。HIPHOPの起源って知っていますか??

知っておくべきですが、

まだ、全然知らなくて大丈夫です!!



だってこの記事を読めばわかるのだから!!

プロフィール


題して、「もうにわかとは言わせない!HIPHOPの誕生について」見ていきましょう!

こちらの記事を作成した際、「文化系のためのヒップホップ入門」という本を参考しました!!



非常に分かりやすかったですし、なによりも読みやすいです。

非常にオススメです!!

では本題に入っていきましょう!!!

スポンサーリンク

HIPHOPの誕生

まず、HIPHOPの起源を考えようとしたらとりあえず50年代のジャマイカにさかのぼります。

「なんか、歴史の授業みたいで嫌だなぁ」

って思ったそこのあなた!!

少し我慢して読み進めてください!!

すぐ授業のような雰囲気は終わって、面白くなってきますよ!


最初はね、仕方がないんです(笑)

許してください(笑)

50年代のジャマイカ

1950年代当時、ジャマイカはイギリスの植民地でした。。
そのため、ジャマイカのラジオでは白人に向けた音楽しか流れていなかったんです!!


これはジャマイカの人からしたら飽きちゃいますよね。


案の定飽きてしまって、ジャマイカの人たちは屋外のディスコに集まってジャズなどのレコードをかけて楽しんでいました。


ナイスアイデア!!


そうやって過ごしていたところ、1962年8月6日、ジャマイカはイギリスの植民地から独立しました!!


そうして少しずつジャマイカの音楽が発展していきました。

スカを作ったりロックを作ったり、HIPHOPと関係の深いレゲエまでもが作られるようになりました。

そして独立のタイミングから、ジャマイカからアメリカへの移民が急激に増加しました。

当時その中の一人であるクライブ・キャンベルはアメリカのマンハッタン北部にあるブロンクスという地域に移住しました。

悪名高い高速道路の建設

そんななかブロンクスは白人と黒人系、ヒスパニック系の人々で生活していました。

しかし、ブロンクスに悪名高い高速道路が作られたのです。

*画像はイメージです。

悪名高い高速道路ってなんだ?
って思いますよね。



どれだけ悪名高いか説明します。

・市民の反対をねじ伏せてブロンクスの街を真っ二つに縦断

・高速道路を作るために、道路や下水道などを壊しまくる


などなど


これは悪名高い…

そんな環境にあったブロンクスからは、白人がみんないなくなったんです。

そりゃそうです…

白人がいなくなったことで、ブロンクスに住んでいるのは黒人とヒスパニック系の人々がほとんどになりました。

黒人とヒスパニック系の人々しか住んでいなかったため、当時のアメリカ政府はブロンクスへの支援を打ち切ってしまったんです。

そうしたら、どうなるか想像できますよね。



スラム化です。

ブロンクスのスラム化

*画像はイメージです。

ブロンクスはスラム化してしまって、非常に治安の悪い地域へと変化していきました。


そんなブロンクスでは、黒人とヒスパニック系の若者が少年ギャング団を結成して抗争を繰り返すようになります。


なかなか怖いですね、、、


そういう血気盛んな人たちがブロンクスに住んでいたです!

そんな彼らにとって、当時のラジオから流れる曲は全然好みではありませんでした。


そりゃそうです。当時流れていた音楽は彼らにとっては洗練されすぎていたのだから。



そういう状況になったら、どうなるかわかりますか??

イギリスの植民地だったころのジャマイカと同じです。


みんなで屋外パーティーを開くんですよ!!

「ジェームス・ブラウン」などの好きなファンクレコードをみんなで持ち寄るんです。


この開かれたパーティーのことをブロックパーティーと言います。


ここで皆さん思い出してください。

ジャマイカからブロンクスに移り住んだ男、クライフキャンベルを。


彼がブロックパーティーに故郷であるジャマイカのサウンドを持ち込んだんです。


そして、彼はジャマイカから持ち込んだサウンドで他の客を圧倒しました!

これが1972年のことでHIPHOPの始まりと言われています。



ちなみにクライフキャンベルのブロックパーティーの目的は妹の入学式に着る洋服代を稼ぐためだったそうです。

まさにHIPHOP…

これがHIPHOPの誕生というわけです。

まとめ

いかがでしたでしょうか??

HIPHOPがどうやって生まれたのか理解できたと思います。


しかし、まだまだ続きがあるんです。気になることがたくさんありますよね。

・ブロンクスのその後
・現在のHIPHOPへの移り変わり

などなど

それはまた次の記事にしますね!!!


とりあえず大まかな流れをまとめておくと

・ジャマイカのからアメリカへ移民が急増
・高速道路によってブロンクスはスラム化
・ブロンクスの少年がギャングを結成
・ブロックパーティーが開かれる
・ブロックパーティーにジャマイカのサウンドを持ち込む


このような感じです。

どうですか?

知らなそうな人にぜひ自慢しちゃってくださいね(笑)


この記事の作成にあたり参考にした「文化系のためのヒップホップ入門」はこちらから購入できます!!

ちなみにライムスターの歌丸さんがこの本に対して

日本人向け入門書として現状最良の一冊だと思います。みんな今からでも全然間に合うよ」とコメントしているので間違いないです。

文化系のためのヒップホップ入門 (いりぐちアルテス) [ 長谷川町蔵 ]

価格:1,980円
(2020/2/18 16:07時点)


このサイトではHIPHOP、MCバトル、音源などの情報をアップしています。

ビートがどうやって生まれたのか、MCバトルの起源、ブレイクダンスとラップの関係など、これからどんどんアップしていく予定です。


ためになった人は、ぜひブックマークと拡散をよろしくお願いします。

公式ツイッターのフォローもよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました